NPOブルーアースニュース 第32号

NPOブルーアースニュース 第32号

NPOブルーアースニュース
                 特定非営利活動法人  第32 2017年11月5日発行
💌💌💌💌💌-------------------------------💌💌💌💌💌

選挙が明けて!!!

 
選挙では野党の体たらくで、与党・自民党の大勝。 予想されたこととはいえ、当面不透明な時間が続くのでしょう。
そして弐カ月後には最期の平成になると考えられる平成30年を迎えます。
区切りのよい30年を希望の党ならぬ、希望の年にしたいものです。(来年を考えるのは、少し早すぎますかね)
皆さまの更なるご発展を祈念しています。
✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏
今月のトピックス 
 
今月号では、”NPOブルーアースのエナジー&エコロジーセミナーN0.11「 「エネルギー関連施設見学会」が10月25日からスタート。
20名の参加者で、JXTG㈱ 根岸製油所を見学しました。
石油離れの昨今、まだまだ俺が本流の感が強い石油工場の稼働状況でした。
次回の見学会は11月10日(金)の日産自動車㈱横浜工場の見学です。
 
✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏
1.NPO ブルーアースのこれからの活動
☆エナジー&エコロジーセミナーNo.11 開催のご案内
 
「エネルギー関連施設見学会」
 
1)日産自動車(株)横浜工場 
  2017年11月10日(金) 14:00~16:00 JR新子安駅集合
    日産発祥の地にある横浜工場のエンジン生産ラインを見学し、
     自動車メーカーの安全環境対策を学びます。 
    日産エンジンミュージアムでは創業以来の歴代エンジン28基が展示されています。
2)横浜港湾施設とマリーンシャトルから見る横浜港 
  2017年11月22日(水)12:45~16:30 JR桜木町駅集合
    見学バスにてコンテナターミナルなどの港湾施設を見学した後、
    山下公園よりマリーンシャトルに乗船して海上から横浜港をクルーズします。
 
3) 新日鐡住金(株)君津製鐡所 
  2017年12月4日(月)13:00~15:15 JR東京駅集合、高速バス利用(有料)
         *高速バス料金 東京駅ー君津製鉄所 (片道)\1,450が別途必要となります。
    圧延工程の見学を通じて鉄鋼製品が作られる工程を詳細に学びます
      製品が船で出荷される様子を見学バスから見学します。
 
参加希望の応募は終了致しました。
 
☆平成29年10月以降の理科教室のご案内
 
12月1日(金) KISTEC主催理科教室
        伊勢原市立大田小学校3年生 テーマ:逆立ちゴマを作って、逆立ちする原理を学ぶ
        参加予定者:92名
        「ビー玉4ヶをボンドで接着して逆立ちゴマを作ります。その動きを観察し逆立ちする
        原理を考えたり、回転体の重心の移動を理解し、科学の面白さや工作の楽しさを体感します。

注)テーマの詳細については、下記HP「子供向け理科教室」を閲覧いただければ、
  内容の確認が出来ます。
☆平成29年10月以降のオープンサロンのご案内
11月 テーマ:建設業と品質
日時:平成29年11月21日(火)  16:30-18:00
場所:かながわ県民センター 709号
講師:再開発プランナー 中村 司朗さま
内容:建設業はなじみのある産業ですが、その現場は一般の皆様にあまり知られていません。
事故や欠陥が公表される都度、その理由や改善策が示されます。 市民の日常生活は建造物や
構造物に常時接しており安全を信じて接していますが、怪しい建造物はないのでしょうか。
長年建築業に在籍したのち、エネルギー産業にも係わったことから、建造物に関する品質に関して
現場で感じた安全性にかんする不安や疑問、品質の限界などについて、お話しします。
12月 テーマ:エネルギー輸送とそのリスク
日時:平成29年12月21日(火)  16:30-18:00
場所:かながわ県民センター 709号
講師:NPOブルーアース会員 熊田 展郎
内容:現役・退職後を通してライフワークとして取り組んできたエネルギー(石油、石炭、天然ガス)
輸送とそのリスクについてお話します。この課題は自身としては、NPOブルーアースの設立要因とも
なっています。
1月 神奈川県環境農政局・環境出前講座
テーマ:水環境/かながわ水資源環境保全・再生
日時:平成30年1月16日(火)  16:30-18:00
場所:かながわ県民センター 709号
講師:神奈川県環境農政局
オープンサロンは毎月第3火曜日のNPOブルーアース定例会の後、16:30-18:00に行っており、
読者の皆さまどなたでも参加自由な集まりです。
テーマも趣味・特技の紹介やら、旅行談議・海外生活経験談議等など、NPOブルーアース会員の講演のみならず、
NPOブルーアースニュース」読者の皆さまからの話もお聞かせ願いている場所です。
すでに多くの読者の皆さまのご出席もいただいております。 お気軽にご来場いただけることを切に願っています。 
当日会場に直接お越しいただくことも可能ですが、会場の設営の事情もあり事前に下記へご連絡いただければ
幸いです。
 
 
☆平成29年10月開催のテクノ・エコ・ツアーのご紹介
 
 NPOブルーアースでは、エネルギー及び環境に関して、施設見学会を定期的に実施しています。
10月28日(土)に三浦半島にある奇跡の自然「小網代の谷」を散策します。
この「小網代の谷」には、川の源流から河口までの流域生態系の「器」が自然のまま残っている場所。
そんな環境の中で、環境というものを改めて感じてみたい。 そんな見学会です。
 残念ながら、台風22号の影響で中止となりました。
来年の新芽の季節に再度計画したいと思っています。
次回は一般参加のご案内もする予定です。 ご期待ください。

2.NPOブルーアースの活動結果報告

今月は報告する事項がありませんでした。 
☆平成29年8月のオープンサロン報告
 
10月 テーマ:日本の長所・起源と伝承
日時:平成29年10月17日(火)  16:30-18:00
場所:かながわ県民センター 709号
講師:NPOブルーアース会員  松村 眞
内容:外国人が指摘する日本の長所130件を、個人的な素養や社会性などの分野別に整理する。 
続いて25種類の継承方法を推定し、全長所について適合性を評価、さらに、継承方法の安定性から
全長所の持続性をランキングし、長所に付随する短所も指摘すると伴に宗教の具体的な影響が明らかに
された。
後記:日本人は奥ゆかしい性格から、中々自分の長所を口外することは少ないと思います。
外国人、特にアメリカ人は個にはシビアである国民です。
日本人も自分を細かに分析する能力を育てる必要が大と感じた講座でした。
✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏
「コラム」コーナー
 

 

 

 

コラム

 

 

哲学好きなテツ女(テツジョ)がいない                    中村 信武

 

 

 

最近、初歩的な哲学に関する本を読んでみて、ふと感じたことですが、

 

巷では、いろいろな女子の集まる団体(?)の呼び名が眼・耳に入ってきます。

 

リケジョ=理科系女子、 レキジョ=歴史好きな女子、ドボジョ=土木系女子などなど。

 

最近では、カープ女子、山ガール、刀剣女子など、あらゆる分野に女性進出が多才。

 

しかし、テツ女(哲学好きな女子)を聞いたことはありません。

 

 

 

なんでだろう?とネットで調べてみると、そこに三つの理由を発見しました。

 

①概して女性は哲学的思考というものに興味がない

 

②現存の「哲学」は伝統的に現実の女性を軽視し、排除しながら構築されてきた

 

③「哲学」は学問内容として、女性の経験を取り込んでこなかった

 

確かに、これまでの哲学者といわれる中に、女性が含まれていません。

 

 

 

1960年代にアメリカで始まった「ウーマン・リブ」は一つの「哲学運動」であったのかも知れません。 

 

リーマンショック以降、哲学科への進学者が急増しているそうです。 理由はよくわからないのですが、

これもそんな理由からかも知れません。

 

 

 

哲学とは、

 

・正解を知りたがる中で「わからない。何かが違っている」とつぶやいてみるとき、

 

あえて問いの下に留まることが哲学

 

・嫌われても平気と考えるのが哲学

 

極論ですが、そんな哲学が、女子に好かれない理由でしょうかね?

 

でも、女性の経験に基づいた哲学が打ち出されたらと考えると、大いに興味がわいてきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

配信停止は下記までお願いいたします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPOブルーアースニュース 第32号 2017年11月5日
☆発行・お問合わせ先
特定非営利活動法人 NPOブルーアース 事務局
〒247-0002