NPOブルーアースニュース 第35号

NPOブルーアースニュース 
                 特定非営利活動法人  第35 2018年2月5日発行
 
💌💌💌💌💌-------------------------------💌💌💌💌💌
 

早や2月、花の便りもそろそろです。!!!

 

1月は記録破りの寒波と大雪、スタートから試練の幕開けとなりました。

皆さまに於かれては、平成が30年、明治から150年の節目とか。素晴らしい年明けを過ごされたと思います。

平成も残すところ1年ちょっと、平成のあとは、どんな元号となるのでしょうか。

思い出の残る平成時代にしたいものです。

 

あっという間に1月が終わり、早や2月号の発行となりました。

 

✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏
  
今月のトピックス 
 
E&EセミナーNo.12が3月28日より全5回でスタートします。
詳細はNPOブルーアースHP (http://npo-blueearth.jimdo.com/)の申込フォームよりお申し込み
ください。
毎月開催の「オープンサロン」へ是非ご参加されませんか?
身近な話題などをわかり易くお話しさせていただきます。
コラムはクリスマスの思い出です。 時期を逸した掲載になりますが、思いで話しは心に
しみますね。 皆さんにも経験がおありと思います。
 
✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏
 
1.NPO ブルーアースの活動
 
☆平成30年度のエナジー&エコロジーセミナー
 
今年もエネルギー・環境問題の色々な疑問や最新の情報などをNPOブルーアースの観点からひも解いて
セミナーを開催して行きたいと考えています。
今年の第1回目のセミナー「電力供給・貯蔵・電池について」をご案内致します。
1回 発電と送電の仕組み     3月28日(水) 16:3018:30

①発電の種類と発電量  ②電力事業者の構成  ③送電と配電

 ④電力の自由化  ⑤電力料金の仕組み
 

2回 電池の種類と特徴     4月4日(水) 16:3018:30         

①電池の歴史 ②電池の種類と区分 ③電池の仕組み ④一次電池の特徴と用途

  ⑤二次電池の特徴と用途 ⑥電池の利用分野と戦略 ⑦電池の廃棄とリサイクル 
  ⑧各種電池の取り組みと展望
 

3回 2次エネルギー水素     4月11日(水) 16:3018:30    

2次エネルギー電気の課題と限界 ②燃料電池(FC) ③FCの応用と水素技術

  ④水素社会へ向けて
 

4回 太陽電池(発電装置)    4月18日(水) 16:3018:30 

①太陽電池の原理 ②太陽電池の種類 ③太陽電池セルの製法

④太陽電池の発電効率 ⑤太陽光発電の普及状況 ⑥太陽光発電の経済性

    ⑦太陽電池の展望
 

5回 電力貯蔵のニーズと技術    4月25日(水) 16:3018:30

  ①電力貯蔵の特性 ②電力供給者の構成 ③電力貯蔵のニーズ(供給側・需要側)
  ④電力貯蔵の方法  ⑤二次電池(蓄電池)の種類と特性 ⑥二次電池の性能と経済性、
  ⑦電力貯蔵方法の選択肢
 
場所:かながわ県民センター7階会議室(部屋番号は当日り美―掲示板に掲載致します)
申込:NPOブルーアースHP(http://npo-blueearth.jimdo.com/)申込フォームよりお申し込みください。
受講料:全5回参加希望の方;2,000円 / 特定回のみ参加希望の方;500円/回 資料代込み

 

皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

 

☆平成30年度の理科教室
 
理科教室で出会う子供たちの輝く眼、そんな使命感から今年も多くの小学校、公共施設での
理科教室開催を準備中です。
決定次第、「NPOブルーアースニュース」逐次お伝えします。
 
注)これまで実施したテーマの詳細については、下記HP「子供向け理科教室」を閲覧いただければ、
  内容の確認が出来ます。
 
☆平成30年2月以降のオープンサロンのご案内
 
2月 : 「バイオプラスチックの現状と今後の課題」
日時:平成30年2月20日(火)  16:30-18:00
場所:かながわ県民センター 709号
講師:NPOブルーアース会員 猪股 勲
内容:バイオプラスチックについての現状と今後の課題などを、一般の方にもわかりやすい形で
お話ししようかと思っております。
 
3月 : 横浜港振興協会出前講座「横浜港の概要」
日時:平成30年3月20日(火)  16:30-18:00
場所:かながわ県民センター 709号
講師:横浜港振興協会
内容:昨年11月の「横浜港湾施設見学会」の続編として、横浜港の歴史を細かく講義していただきます。
 
オープンサロンは毎月第3火曜日のNPOブルーアース定例会の後、16:30-18:00に行っており、
読者の皆さまどなたでも参加自由な集まりです。
テーマも趣味・特技の紹介やら、旅行談議・海外生活経験談議等など、NPOブルーアース会員の講演のみならず、
NPOブルーアースニュース」読者の皆さまからの話もお聞かせ願いている場所です。
すでに多くの読者の皆さまのご出席もいただいております。 お気軽にご来場いただけることを切に願っています。 当日会場に直接お越しいただくことも可能ですが、会場の設営の事情もあり事前に下記へご連絡いただければ
幸いです。

2.NPOブルーアースの活動結果報告

☆平成30年1月実施ののオープンサロン報告

 
1月 神奈川県環境農政局・環境出前講座
  「水環境/かながわ水資源環境保全・再生」
日時:平成30年1月16日(火)  16:30-18:00
場所:かながわ県民センター 709号
講師:神奈川県環境農政局
後記:かながわの水資源の管理・保全が的確に行われている実情をよく理解することが
出来ました。過去10年に亘るダム湖等の水質低下への取組、水源地域の森林の保全、
更に29年度より次の5カ年計画では森林の保全はもとよりシカ管理捕獲、間伐材の搬出促進
等など、推進して行く対策遂行は大いに心強く感じた次第です。
今後とも応援をさせていただきます。
 
✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏✏
 
「コラム」コーナー

コラム

 

“クリスマスプレゼント”       持田 典秋

 

記憶を辿って行くと、私が八歳の時だと思うが、始めて我が家にサンタクロースがやってきた。

戦後の混乱期で食糧も事欠く状況で、クリスマスなど別世界の出来事の時代である。

1225日の朝目を覚ますと、枕元に前から欲しいと思っていたゼンマイ仕掛けの自動車が置いてあった。

住んでいたのは伊豆の西海岸、電車も通っていない田舎には、クリスマスのクの字すら知っている人はいなかった。

母からサンタクロースの話は聞いたが、友達は誰一人サンタクロースからプレゼントを貰っていない。

なんだかおかしいとは思ったが、とても嬉しかった。

あとで知ったのだが、母は東京の巣鴨の叔母の家から学校に通い、日曜日には知人に勧められて駒込の教会の

日曜学校にも行っていたようだ。そのことがあって、母は時代的にも地域的にも例の無い先駆的な

クリスマスプレゼントをしてくれた。

その母も百歳で亡くなり、ちょうど三回忌を迎えた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

配信停止は下記までお願いいたします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPOブルーアースニュース 第35号 2018年2月5日
☆発行・お問合わせ先
特定非営利活動法人 NPOブルーアース 事務局
〒247-0002